ごあんない

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・

  <おかげさまで3周年!> 

 

おかげさまで、3周年を迎えることができました!  

地域の皆様の健康にお腹から貢献する整体院として、より施術に励んで参ります

今後も変わらぬご愛顧の程、よろしくお願い致します。

 

ますやま整体院

院長 増山大輔

 

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・

 

 

  <季節の変わり目、寝違いに注意!> 

 

 

 

立春を過ぎて、暖かい春に向けて歩き出す時期。

実は、体も春に向けて変化していきます。

 

 

 

この時期に起こりやすい、右首・右肩・右背中の、寝違い、筋違い、痛みなど、突然やってきた不調のように感じますが、春先の芽吹く時期は、今までの疲労の蓄積が出てきやすくなります。

 

 

 

 

 

肩こり写真.jpeg

 

 

 

 

 

特に春先は肝臓の活性が進み、体の解毒が始まり、溜まっていたものを出そうとします。

 

 

この時期に暴飲暴食や睡眠不足などで、

肝臓に負担をかけすぎると、

肝臓疲労が体表の右側に症状として出る他、

まい、倦怠感、寝違いなど、体の疲れも出やすくなります。

 

 

お身体のご相談、お気軽にご連絡下さい。

 

 

 

  内臓 現HP.png

 

 

 

 

 

 

スクリーンショット 2018-11-10 20.27.06.png

※当日予約のご案内が難しい状況ですので、症状を放置せず、早めのご来院をお勧めします。

完全予約制のため事前のご予約をお願い致します。

 

 

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ 

 

 

 

 ●腰痛・肩こり・頭痛で長くお困りのあなたへ 

 

 

 

 最近ぎっくり腰に近い腰痛になり困っている

 

 

 

 □夜もしくは明け方、頭痛で目が覚めるので枕元に薬を常備している

 

 

 

 □肩こりがひどくて、頭痛や吐き気を感じることがある 

 

 

 

 □休んでも疲労感が抜けない日々がずっと続いている

 

 

  

 □3件以上の整体、接骨院などの施術を受けたが、腰痛・肩こり・頭痛が改善しなかった 

 

 

 

 □ずっと座っていると立ち上げる時に腰が固まって痛む

 

 

 

 □どこで体を診てもらえば良いかわからなくなっている

 

 

 

 

 

痛みの症状を繰り返すうちに、

痛みを繰り返す体の構造になってしまっている方は、

患部の施術だけでなく、

体を全体のつながりとして見ていくことが大事です。

 

 

 

 

 

 

new<2年行けなかったゴルフに行けるようになりました!

 

 

みどり 30代 男性●

 

「腰痛で前屈・後屈が出来なくなっていたが、初回から3回目の施術後ゴルフに行っても大丈夫でした!

(効果には個人差があります)

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

 

以前から腰痛が慢性化していて、椅子から立ち上がるのが特に辛く、今回の腰痛の時に歩けなくなるのかなと不安もあったそうです。

初回から3回目の施術後にはゴルフに行ったが、腰痛が悪化せずに過ごせたようです。

 

 

 

当院ではお腹の施術と、骨盤の歪みの調整、ご自宅出来る骨盤のストレッチを伝え、実践して頂きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

new<15年以上の慢性腰痛の患者様

 

 

みどり 30代 男性●

 

「15年以上の腰痛で、どこへ行っても良くならなかったが、初回から症状が軽減しました!

(効果には個人差があります)

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

15年以上の腰痛で接骨院、病院にも10件以上行ったが良くならなかった。

ヘルニアと診断され、ひどい時はコルセットをしながら仕事をし、毎年特に冬は腰痛がひどくなっていた。

当院の施術を通して、初回の施術から10→4と症状に軽減があった。

腹部の硬さや腸に関係する臀部の施術、セルフケアをお伝えし、結果冬の時期の腰痛が無くなり、多少忙しい時期もそこまで負担でないと本人がおっしゃるほどになりました。

 

 

 

 

 

 

 

 <慢性頭痛・肩こり・首痛の患者様>

 

 

●桐生市 50代 女性●

 

「痛みがない日があることにびっくりしています。

(効果には個人差があります)

 

 

 

 

 

 

痛みがない日がないくらい、

毎日頭痛・肩こり・首痛がひどく、

頭痛薬を2〜4回/日飲まれていたそうです。

 

 

 

頭痛外来やその他の施術にかなり通院するも、

痛みが改善せず、もしくは良くなっても繰り返していたとのことでした。

 

 

 

内臓と頭痛・肩こりは関係するのかもしれない

との思いから当院に来院。

  

 

 

施術を通して患部だけでなく、

お通じや呼吸、姿勢が良くなり、

逆に以前のような猫背をする方が

むしろ大変だと話され、

 

 

 

後日談でカラダがラクになる(痛みがなくってきている)

プラス、生活していてラクなカラダにも

なってきているとおっしゃておりました。

 

 

 

そして今まで毎日だった痛みが、

ない日があることにびっくりされていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

<ムチウチ後からの重度の腰痛、手の痺れの患者様> 

 

 

みどり 20代 女性●

 

「腰痛で30分以上の運転が出来なかったが、

 今は痺れが無くなり、3時間の運転にも

 チャレンジできるようになった」

(効果には個人差があります)

 

 

 

 

 

  

 

 

ムチウチによる後遺症で、

毎日半年間、接骨院や整形外科のリハビリに

通っていたが、重度の腰痛と両手の痺れが改善せず

不安な時期もあったそうです。

 

 

 

 

 

当時は30分以上の運転や

座っている姿勢、寝ている姿勢もツラく、

来院時は寝不足もかなり続いていた様子でした。

 

 

 

 

 

体調に合わせた体操やトレーニングも毎日実践されて、

いま現在は、問診時に力が入らず

書きずらかった文字も書けるになり、

30分が限界だった運転も3時間まで

チャレンジできるようになりました。

 

 

 

 

 

 

 

<首痛・慢性腰痛・腕のだるさの患者様> 

 

 

桐生市 40代 男性●

 

「頚椎ヘルニアによる首痛、腕の引き連れ、

 30年続いていた腰の張りが和らいだ。

 仕事で多少無理が効くようになった」

(効果には個人差があります)

 

 

 

 

 

 

 

 

30年来の慢性腰痛で、

10代から胃腸の調子がよくなかったそうです。

仕事をセーブしなければならない日もあったとのこと。

 

 

 

 

最初の来院時は、頚椎ヘルニアによる首のつっぱりと

腕がすぐツってしまい、痙攣してしまう

というお悩みでした。

特に頚椎ヘルニアに関しては、

これ以上ひどくなると手術とまで言われていたそうです。

 

 

 

 

腹部の調整や首の施術後、

左右で腰や臀部の固さが違うため、

左右のバランスを整えていきました。

 

 

 

 

現在は、曲がりが強かった猫背の姿勢を

整えるために施術を継続中です。 

 

 

 

 

小学生から軟便だったお通じも

かなり快便になったとお喜びの声を頂きました。

内臓の状態が原因で症状が慢性化している方が

実は非常に多くいらっしゃいます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 <左慢性腰痛・太ももの痛みの患者様> 

 

 

●みどり市笠懸町 70代 男性●

 

 

「伸びなかった腰が伸ばせるようになった。

 痛みが95%位軽減した」

(効果には個人差があります)

 

 

 

 

 

 

 

 

見せて頂いたレントゲンの画像で腰椎の歪みがはっきりわかり、

痛みがひどければ手術とも言われていたようです。

 

 

 

胃腸の不調が慢性的にあり、

今までの仕事の疲労以外で、内臓疲労も

腰痛の慢性化に繋がっている様子でした。

 

 

 

 

10回の施術以外で、

とにかくご本人が非常に努力家で、

伝えた腰痛体操を毎日欠かさずやり続けた結果、

痛みが95%軽減し、歪みはあるが30年続けて来た剣道を

また再開することが出来ました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 <慢性腰痛の患者様>

 

 

●伊勢崎市境 30代 男性●

 

 

「腰の痛みが消え、翌日の大会で優勝できました」

 

 

 

 

 

 

これまでの試合では、

腰痛の心配をしながら卓球のプレーしてきて、

怪我をしないよう気をつけていたそうです。

また腰痛施術も、10代からかなり通われていたとのことでした。

 

 

 

 

結果的に慢性腰痛ですが、臀部や下肢の筋肉との連動、

上半身と下半身のバランスをしっかり整え、

全身がうまく連動するよう施術していくことで、

症状が良くなることが非常に多くあります。

 

 

 

 

 

 

 

 

<右股関節痛・左腰痛の患者様>

 

●みどり市笠懸町 30代 男性●

 

「立ったり座ったりした時に痛みを感じなくなった。

 心と体のデトックスが出来ました。」

(効果には個人差があります)

 

右股関節の方 写真.JPG

 

右股関節痛 アンケート.jpg

 

 

 

 

来院2ヶ月前から股関節の痛みがあった患者様。

以前から肉体労働による慢性的な腰痛があり、

また仕事で忙しい時期だったこともあるため、

おなか側と背中側の筋肉にひどい固さが診られ、

アンバランスがありました。

 

 

背面の臀部(仙腸関節)と

腹部の腸腰筋の固さを重点的に施術し

セルフケアで股関節の体操をお伝えしました。

 

 

 

 

 

 

 

 <首痛・肩こり・腰痛・冷えの患者様> 

 

 

●桐生市相生町 40代 女性●

 

 

「肩が開くようになった。事故後のムチウチで上を剥くのが

 不自由だったが、だいぶ楽になり上を向けるようになりました。」

(効果には個人差があります) 

 

 

むち打ちの患者さん 写真.jpg

 

 

  

 むち打ち.jpg

 

 

 

 

10年以上前の事故後の後遺症で上向きがつらく、

合わせて首痛→肩こり→腰痛の流れで

症状が慢性化してしまった患者様。

 

 

 

首・背中の施術で少し上を向けるが

どこを触診しても硬くなっているため

まず骨格に歪みに関連する筋・筋膜の施術と

胃の反射を使った内臓施術で

肩へのアプローチをしていきました。

 

 

合わせて体質化してしまっている体の不調に対して、

お腹の経絡施術をしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 ●治癒して行くカラダにすることが大事 

 

 

 

当院の施術は、

ただ患部をほぐしてラクになるような、

その場限りの肩や腰の改善ではなく、

施術後、血液の流れが良くなり、良くなることを通して、

栄養を届け、老廃物を回収する血流、

治癒していくカラダになって行くことが必要で、

そのためにお腹の施術が重要になります。

 

 

  

 

 

 

①全身の血流を促す

 

肝臓・消化管、腎臓、心臓で全血液量の半分を占めているので、腹部の血行不良は全身の血流に影響します。

 

 

 

②自律神経の乱れにアプローチ

 

交感神経過多になっている体に対しては、過緊張状態になっている体の硬さを軽減するために筋肉からではなく、自律神経支配の内臓のアプローチが必要です。

 

 

 

③内臓体性反射を使って、患部にアプローチ

 

検査や数値に出ない内臓の疲労が関連痛として出ることで、腰痛・肩こりを慢性化させてしまうからです。

いくら患部をほぐしても良くならないのは、患部に原因がないからです。

 

 

 

④腹部にある筋・筋膜をゆるめる

お腹が上半身と下半身をつなぐ連結部であるため、お腹の筋・筋膜のコリやねじれは、腰痛・肩こり・頭痛が構造化・慢性化(ねこ背、反り腰など)してしまう要因になり、また腹部の状態がわかることで他の部位から来る要因を探る手がかりになります。

 

 

 

 

そして東洋医学の見方から、過剰なストレスは内臓に負担をかけ不調を招くため当院のお腹整体は、経絡の考え方を合わせながら施術をしております

 

 

 

 

 

 

 

スクリーンショット 2018-11-10 20.27.06.png

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  ●カラダはその方の歴史● 

 

 

慢性症状のお身体というものは年月をかけて生じてきた、その方の歴史であると考えております。

 

 

 

カラダというものが、それぞれ個々人としての時間を過ごし、消耗してきたことを考えると、症状は患部の局所的な視点だけではないと考えます。

 

 

 

解剖学や生理学などを元に機能や構造などを通して、また東洋医学的な全体感を通して、問診やカウンセリングを大切にして施術をしております。

 

 

 

 

痛みが発生する原因とそのメカニズムを明らかにし、慢性的な腰痛・肩こり・頭痛でお困りの方が、快適に過ごせるようサポートしていきます。

 

 

  

 

※ご手術後などで腹部の施術ができない方は、内臓に関連する反射区や関連する部位を施術していきますので、問診の際お伝えください。

 

 

      初めての方へ

 

   IMG_0093.jpg

 

 

 

体の不調で長くお困りの方、一度ご相談下さい。

  

 

ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・ー・

  

 

<当院の思い>

 

院長  増山 大輔(ますやまだいすけ)

 

 

  FSCN2918.jpg 

 

 

 

 <体質だと諦めていた腰痛>

 

私自身お腹の不調と慢性腰痛で、約20年間苦しんできました。

 

 

 

 私は小学生から、「腰が痛くなるとお腹が痛くなり」、「お腹が痛くなると腰が痛くなるという体質に苦しんでいました。

 

 

 

私の場合、緊張するとお腹が痛くなることはあまりありませんでしたが、痛むときは腰回りに全体的な重たさを伴う痛みを感じていました。

 

 

 

痛くなると子供ながらに見つけた腰のツボやお腹のツボを押して体のケアをしていました。

 

 

20代で立てないぐらいの腰痛、その後内臓の病気などで腰痛や足の痺れが酷くなりましたが、食事や生活習慣を見直し、内臓を整体する手技との出会いで体調を整え、体質的だった腰痛や足の痺れが良くなりました。

 

 

 

 

私自身、腰痛・腹痛がセットの慢性症状を持って生活していたため、不調は体質だから仕方がないと諦めてしまう気持ちがよくわかります。

 

 

 

ずっと立つ、座るが長くできず、集中も長く続けられない、体が不調で精神的にも不調になっていました。

 

 

 

体調はどんどん悪くなり、やること全てうまくいかない。

なぜ自分だけが、と自暴自棄になっていた時期が長くありました。 

 

 

 

 

 

お腹の整体を通して、言い過ぎかもしれませんが、私は人生が変わったと思っています。

当院のお腹整体で、心身ともに本来の調子を取り戻しましょう。

 

 

 

当院での施術があなたの健康の第一歩、人生のターニングポイントになることを目指して、あなたの健康に、お腹から貢献して行きます。 

 

 

 

 

体の不調で長くお困りの方、一度ご相談下さい。

 

スクリーンショット 2018-11-10 20.27.06.png